患者の世話に関する看護技術の向上について

看護師が医療施設で働く場合、患者の身の回りの世話を行うのは重要な業務の一つである。例えば患者の身の回りの世話の一環として食事の介助を行う技術は、仕事では必要となるだろう。患者への食事の介助の際に、誤った介助を行うと誤飲の事故を引き起こす要因ともなるため、患者の体の状態に合わせて、正しい手法で食事の世話を行うことが求められる。

また、患者の排泄の世話を行うことも、看護師にとって必要な業務の一つとして挙げられる。新人看護師にとっては、患者の排尿や排便のケアを行う業務は当初は多少なりとも抵抗感があるかもしれない。しかし、多くの看護師は仕事の経験を積み重ねるにつれて、患者への排泄介助の仕事も慣れる場合が多い。

さらに他にも、看護師は、入浴や着替えなど、患者が不自由していることに合わせて身の回りの世話を行わなければならない。そこで、看護師がスムーズに仕事をこなすためには、それぞれの業務に関する看護技術の向上が求められる。患者の身の回りの世話に関する看護技術は、まずは看護学校で基本的な指導を受けるはずだ。また、医療施設に就職した場合、勤務先で行われる新人研修でも、実践的な技術を身につけることができる。

しかし、事前に十分に訓練を行ったとしても、実際に医療現場で患者のケアを行ってみると、実力不足を痛感し悩みを抱える看護師は少なくない。そのため、看護師として職場にデビューしてからも、学生時代の頃以上に、常に技術向上のための取り組みが欠かせないのだ。