転職を前提に行う看護技術の向上

この職場で働きたいという夢を抱いて看護師になったものの、新卒の募集がなかったり、その職場で活躍するには自分の能力が不足していると感じたりする場合がよくある。そのとき、別の職場で働くことを選ぶ看護師は多いだろう。

最初の職場の位置付けとして、自分の看護技術の向上を図るのが特徴であり、トレーニングのための通過点として捉えるケースが少なくない。働きたいと考えている職場で必要になる看護技術について調べて、技術面からもキャリア面からも適した職場にとりあえず就職をして、2年から3年程度の勤務経験を積んだ上で、自信を持って転職するという道を描く看護師は、非常に成功しやすいのだ。

また、新卒の募集が行われている場合でも、転職によって入ってきた看護師が現実的には活躍している職場が多く、他の職場でトレーニングを受けた経験が活かされているのである。なぜなら、必ずしもその職場でできる経験のみが、看護師として必要とされている能力の向上に直結するとは限らない。他の職場で働いたことによって得られる経験を活かすことができると、同じ職種で働き続けてきた人よりも、様々な視点を持って仕事ができるだろう。

特に、もともと働きたい職場が決まっていて、自分のトレーニングのために他の職場を選んだ人の場合には、そのトレーニング期間を無駄にしないように努力しているはずだ。そのため、わずか2年や3年であっても、看護師として目指す職場で活かせる技術を体得していて活用できるというわけだ。